小さな引越し

サイトマップ

小さな引越しだから様々な選択肢

一人暮らしなどで荷物が少ししかないときには、引越し業者以外の選択方法もあります。

 

たとえば、冷蔵庫や洗濯機がそれほど大きくない場合には、レンタカーを借りて友人や家族にも協力してもらい、自分で運んだ方が手っ取り早く、コストもかからないというケースもあります。

また、重い荷物を宅配便で送り、運びやすいものを自分で運ぶという方法でも、引越し業者を使うよりは安く済ませることができますのでおすすめです。

 

 

この場合には、重量や荷物の大きさなどで宅配便の料金が変わってきますので、単身パックなどの少量の荷物を運ぶときのプランと比較してみるようにしましょう。

 

 

業者に依頼する場合でも、費用を安くする方法はあります。たとえば、費用はスタッフの時給によっても異なってきますので、荷造りのときに大きいダンボールにまとめて数を減らしたり、自分で運べるものは自分で運び、最低限の重いものだけ運んでもらうようにしたり、梱包した荷物を玄関先まで寄せておいて、車への積載だけを依頼するなどの方法があります。

 

 

その他ではネットで一括見積もりをすることによって、安く利用することができる業者を簡単に探すことができます。

 

交渉次第では提示された見積もりよりも安く利用することができる場合もありますので、業者に依頼するときには現場まで見積もりに来てもらい、交渉した上で比較するようにしましょう。

 

サービスで梱包資材を無料で提供してもらうこともありますので、トータルのコストで比較するのが確実です。

 

荷造りやに開きは自分でやった方が費用がかかりませんので、荷物が少ないときには基本的に重い荷物の運搬だけに限定して、所定の業者に依頼するようにしましょう。

単身パックの方が得か?

単身パックは主に運送業者が提供するサービスで、規格容量が定められたBOX内に荷物を詰めるだけ積み込み運搬する引越し方法です。

 

費用面では単純に1BOXで収まらない場合2BOX、3BOX必要になり、また料金もそれに乗じて倍へと変動して行きます。

 

代表的な業者では、クロネコヤマトや日本通運が挙げられ、価格では若干ヤマト運輸の方が低料金設定になっています。

 

 

・クロネコヤマトでは、単身パック以外にもらくらく家財便といった家具や家電だけの引っ越し方法があり、こちらは単品だけの輸送に適しています。

 

・日通では、BOXに収まらない場合コンテナを利用した単身パックXといった選択しがあり、一般的な荷物を含め大型な家具や家電がある場合に適しています。

 

 

どちらの業者とも、ウェブで見積もりを取ると料金が安くなる割引制度が設けられているのでチェックしてみましょう。

 

 

また、引越し業者でも最近では単身パックサービスを始めていますが、上述の運送業者のように、料金の詳細は記されていません。

 

 

BOX輸送ではなく、貸し切りトラックによる輸送になり、荷物量に対してのトラックの大きさが変わるため料金は変動していきます。

 

 

運送業者の単身パックは日時や時期で変動しない定額料金ですが、逆に引越し業者の場合は、日時や時期で変動するため固定料金ではありません。

選択に入る業者とその注意点

 

小さな引越しでは、普通の引越しに比べると選べる業者の数も増え、

もちろん料金面でも格安になっていきます。

 

 

運べる業者が増えるのは悩ましい点ではありますが、メリットデメリットについて順を追ってみて行きましょう。

 

まず第一に引越し業者。

引っ越し業者は少ない荷物、例えば家具一点やベッド一点といった場合でも対応可能です。

(少量の引っ越しといったサービスを展開している業者が増えつつあります。)

 

荷物の運搬自体は日課の作業であり、養生や荷造りもすべてお任せで問題ありません。

トラックでの貸し切り輸送になると割高に感じますが、閑散期であれば安くても仕事を引き受けてくれます。

ただ、繁忙期になると利益の少ない今回のようなケースだと、見積もりからお断りされる事もあります。

 

また大手ではクロネコヤマトのミニ単身パックやアリさんマークの引越社のミニ引越しプランがあります。

小さな引越しに特化したサービスなので、候補に入れてみるのも良いでしょう。

 

 

次に運送業者。

 

料金面ではリーズナブル、そして運送も手慣れたものの運送業者も候補に入れてみましょう。

最近では引っ越し業務に参画している業者も多いため、荷物の養生や家屋への搬入も柔軟な業者が多くなりつつあります。

 

ただ、料金面では一個の荷物に対する既定の価格があるため、多少の荷物が増えた場合でも、別途追加料金であったり。また値引き交渉が通じない点があります。

搬送方法は混載便といった、同じトラックに大量の荷物を積み込み、同じ目的地に運ぶためコスト削減による低価格が実現されています。

 

 

そして、赤帽といった軽貨物運送業者。

赤帽は上記の中でも一番の低価格を実現してくれます。

 

ただし、全国にある赤帽の営業所は個人経営のため、引越し自体が得手であったり不得手であったりと様々です。

加えて、作業員は基本一人のため、重い家具や家電がある場合は、お手伝いが必要であったり搬入自体が不可になる可能性もあるため

事前見積もりは必須です。

 

料金は明朗会計で運搬時間当たりに付き加算されていきます。

また、公式サイトでも記載されていますが引っ越しの場合は通常の運賃とは違う、引越し会計になるため、思っていたより高くなったとならないためにも、まずは見積もりを行って下さい。

 

基本的に選べる方法はここまでですが、下記は参考程度にとどめておいて下さい。

 

 

宅急便で運ぶといった方法もあります。

 

宅急便は1個当たりの価格は安いですが、運べる引越し荷物はダンボールのみであり、またサイズの規格があります。

縦横高さの合計が160cm以内かつ、重量が25kg以内です。

 

最大サイズになると料金は割高になり、ダンボールがあまりにも増え過ぎると、あっという間に1万、2万は飛んでしまいます。

荷物が少なく、ダンボールだけで収まる場合には候補に入れてみましょう。

 

 

最後にタクシーを使った引越しです。

ありえない方法と思いますが、実際に体験された方もいる方法です。

自分も引っ越し先に行けて、かつ荷物も運べるので一石二鳥ですが、当然ながら大きな家電や家具は運べません。

 

また、荷物だけの運搬も不可です。大きいタクシーを用意してくれる会社もありますが、その分費用はかさみます。

こちらも段ボール2、3個程度であれば候補に入れてみても良いかもしれませんが、保証の問題もありますので必ず事前にタクシー会社に問い合わせてください。

 

 

以上、小さな引越しなら運べる業者一覧を掲載しましたが、

お荷物に家具や家電など大型な物がある場合では業者が絞られてきます。

 

高価な家具や家電、骨董品やピアノといった引越し荷物もあるのであれば、専門業者にお願いするようにして下さい。

引越し料金の決まり方はどうなってるの?

小さな引越しでも料金の決まり方には違いはありません。
もちろん、選択する業者によって変動しますが、大まかな計算方法を記載しておきます。
まず利用するトラックのサイズに対して運賃が決定します。大きいほど高くなり小さいほど安くなるので2tしか保有していない業者を選ぶより軽トラックを持っている業者に運んでもらった方が結果的に安くなります。
そのトラックのサイズに対して、今度は距離数で料金が加算されていきます。移動距離が100km未満であれば4時間制・8時間制という時間制で料金が決定します。(半日で終わるか1日かかる引越しかの違いです。)
荷物が少ない訳ですから100km未満の移動距離であれば、4時間制の引越し料金になり一番格安の価格設定になります。
100km以上の距離数であれば、10km増えるごとに約1000円ずつ加算されていきます。こちらはあくまでもトラックを貸し切った場合での料金設定になるため、長距離であれば、上述した単身パックで運搬してもらった方が比較的安価に済みます。

運賃以外にも人件費も加算されます。こちらも幅に開きがあり、1万円〜1.8万円/1日となっており、荷物に大型家具や家電がある場合は2人以上が必要になります。ただし、引越し時間を午後からに指定すると、人件費はタダになる事が多いようです。(午前便のお客様が人件費を持ってもらうと決めている引越し業者も存在します。)

最後にオプション費があり、家電など取り付け料金や段ボールやガムテープなど資材費が含まれます。

以上の事が加算され引越し料金が決定します。
引越し料金は書いていても非常に分かりにくいのですが、業者により利用するトラックの大きさや人件費やオプション費が異なるので無料の複数見積もりを取られる事をお勧めします。

洗濯機はやることが多く、注意が必要な荷物

小さな引越しとして、家電だけを運ぶ人も多いと聞きます。
そこで注意すべき家電として洗濯機について掲載します。


まず、ドラム式洗濯機は非常に壊れやすくナーバスな機械であるため、運搬や設置方法によってトラブルが発生する移動の難しい家電です。



また、そのまま運搬できるわけではなく、ドラムを固定する金具を取り付けなければなりません。

金具をつけない場合は運搬時の故障の対象外(保証が効かない)になりますので注意が必要です。



金具をなくしてしまった場合は、購入店からメーカーに商品を取り寄せてもらわなければなりません。


取り付けを引越し業者に頼むことはできませんので、事前に説明書などを参考に金具をつけておく必要があります。



また、全自動洗濯機や二槽式洗濯機はそれほど精密な機械で構成されていませんので、運搬は水抜きさえしっかり行うことができれば問題はありません。


配送前の準備事項として共通部分は、@給水ホースを外し、A本体の水抜きを行い、B排水ホースを外し水気をすべて取り除きます。後は業者に荷造りを行ってもらいます。


配送後は@排水ホースを取り付け、A給水ホースを付け水漏れの確認を行います。
またアースの取り付けが必要の家電のため、忘れずに取り付けを行って下さい。



運搬の重量は、
全自動や二層式は重量も60kgほどで二人いれば十分持ちあげることができます。




しかし、ドラム式洗濯機は80kg以上からと重量が重く、移動にも一苦労です。


引越し業者によってはドラム式洗濯機の料金設定が高くなされている場合もありますし、
運賃がそれぞれ違う為、格安での引越しは下記サイトを参考にして下さい。


洗濯機の引越し.net
(洗濯機の配送業者を安く見つける方法から、運賃の目安、注意する点や運び方が掲載)


その他にも、注意が必要な家電があるため、随時更新して行きます。

「小さな引越しだとどんな選択肢があるの?」について

小さな引越しだとどんな方法があるのか記載しています。

Copyright © 小さな引越しだとどんな選択肢があるの?. All rights reserved